モノづくりに知的財産が不要なんて考えていませんよね?

機械系の知財戦略って、実はいろんな工夫が必要です!!

 

あなたの会社にお付き合いをしている弁理士はいるでしょうか。モノづくりの会社なら必ずいるかと思っていたら、実際はそうでもありません。「自分たちでできるからいいんだ」という経営者も少数です。大半は、「うちには不要だから。」と言われます。

おそらくは、特許だけを考えられているからでしょうが、実は中小企業にとっては、特許よりも意匠、あるいは商標の方が使える場合が多いということを知らない方は思ったよりも多いです。どの権利をどう使うのか、それを設計することが私たち専門家の腕の見せ所です。

また、特許の明細書についても、「短期間」を売りにする先生が増えています。考えてみてください。特許で怖いのは、記載の不整合。訴訟でもほとんどここが突かれます。機械系では命取りです。あなたは、そのリスクを優先しますか?

 

大切なのはバランス感覚。ただ、大量の記載をするだけでも、図面だけに頼って記載を省いても、特許の価値は下がります。権利を使うことを想定した権利創出が大切なのです。

                                次へ